フィンペシアの副作用は? 精力減退など気になる噂の実情を紹介

フィンペシアの副作用について紹介しています。
よく噂を聞く「性欲減退」の症状は実例があるため、妊活中の方にはおすすめできません。
また、異常を感じた際にすぐに判断・対応できるように、可能性のある副作用について一通り確認しておきましょう。

フィンペシアの副作用

フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
経口タイプの薬で、継続して服用することによってAGAの改善が期待できます。

AGA治療に効果的な育毛剤として、薄毛男性に人気のフィンペシアですが、残念ながら副作用も報告されています。

しかし、薬に副作用はつきものです。
服用しないというのも一つの選択ですが、それでは効果も得られませんね。

副作用についてきちんと知っておけば、もし副作用が発症したとしても、重症化する可能性はぐっと下がります。

ここでは、フィンペシアの副作用の中で、特に気になるものをピックアップしています。
どんな副作用があり、どんな症状が出るのか、しっかりとチェックして、いざという時に困らないようにしましょう。

フィンペシアを服用してはいけない人

副作用とは直接関係ありませんが、多くの薬と同じように、フィンペシアにも服用を禁じられている人がいます。
それが先に分かれば、その時点で他の方法を検討した方がいいですよね。

副作用をチェックする前に、「フィンペシアを飲んではいけない人」について確認しておきましょう。

・女性。
・未成年。
・肝機能障害がある方。

上記の方はフィンペシアの服用を控えましょう。
女性の禁止理由については女性への効果で詳しく解説しています。

また、フィンペシアは男性ホルモンに影響を与える薬剤なので、ホルモンバランスが不安定な未成年の使用もNGです。

後述しますが、フィンペシアの副作用として肝臓障害も報告例があります。
そのため、肝機能障害がある方は、悪化するリスクが格段に高くなります。

また、禁じられてはいませんが、高齢の方や献血習慣のある方も要注意です。
高齢者の場合、一般的に生理機能が低下しているので慎重に利用しましょう。
献血習慣のある方は、フィンペシアを服用してる間は献血ができなくなります。
フィンペシアの服用中止後も、成分が体内から抜けるまでの期間は献血できません。
これは約1ヶ月ほどと言われているので、その期間も控えるようにしましょう。

参考資料:厚生労働省 献血に関する問診票
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/2s/pdf/40.pdf

何か問題が起こって困るのは自分です。
フィンペシアを服用できない人は、残念ですが他の方法を検討しましょう。

フィンペシアの副作用はプロペシアと同様

有名なAGA治療薬としてプロペシアという薬があります。
一度は耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

フィンペシアは、一般的にはプロペシアのジェネリック医薬品として知られています。
また、フィンペシアとプロペシアは主成分も同じ「フィナステリド」です。
添加物には違いがありますが、効果・副作用などはほぼ同じと考えて問題ありません。

そのため、フィンペシアの副作用はプロペシアの添付文書を参考にできます。
その文書を元にフィンペシアの副作用について検証していきましょう。

男性機能に悪影響?「性欲減退」の噂を検証

フィンペシアの副作用としてよく聞かれる噂に「性欲減退」があります。
また、それと関連して「男性機能の低下」も囁かれています。
デリケートな部分に関する副作用なので、やはり気になる方も多いでしょう。

男性は薄毛について女性の目が気になる

男性が「薄毛を治したい」と考えた時、女性の目が無関係というケースは少ないでしょう。
リクルートライフが実施した「薄毛に関する意識調査2017」でも、薄毛に関して男性は異性の目が気になるという結果が出ています。

参考資料:株式会社リクルートライフ「薄毛に関する意識調査2017」
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2017/10/RecruitLifestyle_HBA_20171012.pdf

例えば、フィンペシアで髪がフサフサになって恋人ができたとします。
その際に男性機能に障害があって、十分な性交渉が出来ないとなっては大問題ですね。

男性機能に関する副作用は実例がある

以上のことから、やはり生殖機能に関する副作用は見過ごせないものでしょう。
結論から言うと、「性欲減退」や「男性機能の低下」という副作用は実際に報告されています。
しかし、当然すべてのフィンペシア利用者で起こる副作用ではありません。

生殖機能に関する副作用の確率

フィンペシアには生殖機能に関する副作用があります。
それでは、一体どのくらいの確率で起こるものなのでしょうか?
前述のとおり、プロペシアの添付文書から確認していきましょう。

プロペシア添付文書
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

添付文書の「(2)その他の副作用」の表には、1~5%未満の症例として「リビドー減退」とあります。
これがいわゆる「性欲減退」です。
その他、1%未満の症例として「勃起機能不全」「射精障害」「精液量減少」があります。
このように男性機能に対する悪影響については、添付文書に明示されています。

フィンペシアを使用して、もしこれらの症状が出た場合は

すぐに服用をやめて様子をみましょう。

子作り中の男性は使用を控えましょう

「性欲減退」の症状が起こる可能性は5%未満。
「勃起機能不全」「射精障害」「精液量減少」については1%未満とされています。
この確率を高いと感じるか、低いと感じるかは人によって違うでしょう。

「症状が現われたら使用を中止すればいい」とお考えの方もいるかもしれません。
しかし服用中止後、回復に時間がかかったケースも報告されています。

そのため、特に妊活中の男性にはお勧めできません。
子作りはパートナーの事情も考える必要があります。
ベストなタイミングでお子さんを授かるためにも、子作り中の男性はやはり使用を控えた方が良いでしょう。

フィンペシアによる初期脱毛

フィンペシアには「初期脱毛」という副作用があります。
これは「育毛サイクル」を正常化するために必要なプロセスで、他の育毛剤でも起こりうる症状です。

そのため、本来は恐れる必要はありません。
しかし「育毛」したい人にとって、一時的にとはいえ

「脱毛」してしまうというのはどうしても怖い話ですよね。

当サイトでは。
・どのくらいの確率で発症するのか。
・いつから発症するのか。
・どのくらいの期間続くのか。
など、「初期脱毛」の気になる情報をまとめて解説しています。
いざ脱毛した時に慌てないよう、毛髪が生え変わる仕組み「育毛サイクル」について知っておきましょう。

肝臓に障害を及ぼす可能性

フィンペシアの重大な副作用として「肝機能障害」が報告されています。
例え可能性が低かったとしても、「肝臓に障害を及ぼす可能性がある」なんていうと、なにやら恐ろしく感じてしまいますよね。

具体的にはどのような症状があり、どれくらいの危険性があるのか?
そんな気になる疑問も、別ページでまとめてお答えします。
詳しく知りたい方は、下記リンク先より確認してみてください。

どんな副作用が起きても対応できるように

フィンペシアの副作用の中でも、比較的に可能性が高く重大な症状は「肝機能」と「男性機能」への障害でしょう。
しかし、人によってどんな症状が起こるかは、実際に使用してみなければ分かりません。

すぐに判断できれば重症化を防げる

フィンペシアの服用によって実際に異常が現われた時、すぐにそれと判断できれば、迅速な対応が可能となり症状の悪化を防げます。
逆に対応が遅れると、大したことのない症状でも重症化してしまうおそれもあります。
したがってどんな症状であろうと、異常を感じたらすぐに判断・対応できることが重要です。

フィンペシアの副作用一覧

フィンペシアの副作用については、添付文書を見れば各症状を確認できます。
しかし難解な医学用語などもあるため、一般の方には分かりにくいでしょう。

フィンペシアの副作用について、分かりやすいように表でまとめてみました。
報告、あるいは噂のあるフィンペシアの副作用について、ひととおり確認しておきましょう。

フィンペシアの副作用一覧表。

過敏症(アレルギー)。
生殖器。
肝臓※2。
その他。
□瘙痒症(かゆみ)。
□睾丸の痛み。
□疲労感。
□胸(乳房)が大きくなる※3。
□蕁麻疹(じんましん)。
□男性不妊症※1。
□肌荒れやむくみがある。
□胸(乳房)の痛み。
□血管浮腫。
(口唇・舌・のど・顔面のはれ)。
□精液の質低下。(精液が薄くなる)。
□食欲低下・酒量低下。
□うつの症状。
□ED(勃起不全)。
□手のひらが赤い。
□めまい。
□眼球や皮膚が黄色い。
□発がん性※4。
□下痢※5。
□眠気※5。

※1:子作り中の男性は使用を控えましょうでも述べましたが、妊活中のフィンペシアの服用は控えましょう。
※2:肝機能の低下は様々な症状を引き起こすため、ここでの症状は一例です。判断が難しいので、疑わしい場合は病院で確認しましょう。
※3:女性の話ではなく男性の話です。フィンペシアは女性には推奨されていません。詳しくは女性への効果を参照。
※4:フィンペシアのコーティング剤「キノリンイエロー」に発がん性があるという噂。確証のないデマだったので気にする必要はありません。
※5:フィンペシアの副作用としては報告されていない症状です。薬全般に対する反応、あるいは他の原因が考えられます。

副作用は体験談なども参考に

ここまで紹介した副作用は、どれも発症確率が5%にも満たないものです。
くわえて、健康体の方ならその確率はさらに低くなるでしょう。

しかし、例え確率が低くても、やはり副作用は怖いものです。
できるだけ、多くの情報を仕入れたいですよね。

別ページで、実際にフィンペシアを使用した方の口コミを紹介しています。
「データだけでは不安」という方は実際の利用者の体験談なども参考にしてみると良いでしょう。

副作用を知って安全に利用しましょう

ここまで紹介してきたように、フィンペシアにはさまざまな副作用があります。
しかし、副作用について十分に知っておけば、仮になんらかの異常が起きても落ち着いて対処できるはずです。

フィンペシアを使用する場合には副作用をしっかり把握して、随時チェックをしながら安全に利用しましょう。

フィンペシア1mg(100錠)

4.7
  • 内容量: 1箱100錠
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: シプラ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。

2箱7,960円6,527円
3箱11,940円8,902円

フィンペシア1mg(100錠)のご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。