フィンペシアは耐性がつくと効かなくなる? その可能性は

「フィンペシアは、服用を続けると耐性がついて効かなくなる」そんな話がありますが本当でしょうか?
このページでは、フィンペシアに耐性がついたことによって効かなくなる可能性と、実際に効果が弱まってしまった時の対策について解説します。

【フィンペシアの耐性】そもそも耐性とはどういうもの?

フィンペシアは世界中の薄毛男性の間でとても人気のあるAGA(男性型脱毛症)改善治療薬です。

そのAGA治療効果は高い評価を得ていますが、効果を実感するためには長期的な服用が大前提となります。

しかし、フィンペシアの愛用者のなかには、「だんだんフィンペシアが効かなくなってきた…。」という声も聞かれます。
つまり「フィンペシアに耐性がついて効力が弱まった」というのです。

長期的に服用しなければいけないのに、長く利用していると効かなくなるなんて困りますよね。

このページでは、フィンペシアに耐性がついて効かなくなる可能性と、その場合の対策について紹介します。

ただ、健康な人にとっては「耐性」という単語自体が耳なじみの薄いものでしょう。

「そもそも耐性ってどういうもの?」そんな疑問を抱いてしまう方は、まず「耐性」について簡単に知っておきましょう。

耐性は異物を排除しようとする性質

このページでいう「耐性」とは、体が侵入してきた薬を有害な異物とみなして、排除しようとする性質のことです。

もともと生物は体内に入ってくる異物を排除するようにできています。

なぜなら、体に侵入してくる異物は有害とみなされるからです。
生物の最重要事項は生命活動の維持ですから、それを脅かす危険があるとなれば、当然排除されます。

もちろん薬は人体に良い影響を与えますが、薬を使う生物は人間以外にいません。
生物は長年、薬など使わずに体ひとつで生きてきたわけです。

そのため、外からやってくる以上は、やはり悪者と疑われてしまいます。

つまり、生物はその生命活動の維持のため、外から入ってくる物質については敵対的なのです。

耐性による薬効の低下はすべての薬に起こりうる

人が良い効果を期待して飲む薬(フィンペシア)もやはり体にとっては異物です。

その場合、体が正常な状態を保とうと、その薬剤に抵抗して無力化しようと働きます。

それが何度も反復して行われ、薬が効かない、あるいは効きにくくなったケースが、いわゆる「耐性がついた」という状態です。

これは正確に言うと「薬剤耐性」と呼ばれ、フィンペシアだけでなく、すべての薬について起こる可能性があります。

フィンペシアが耐性によって効かなくなる可能性

それでは、実際にフィンペシアが耐性によって効かなくなる可能性はどれくらいあるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、その可能性は低いと言えます。

どうしてそのように結論づけられるのでしょうか?
その理由について、ここから詳しく説明していきます。

フィンペシアに耐性がつくという公式データはない

2017年の現在、フィンペシアに耐性がつくという公式なデータはありません。
これが理由のひとつです。

「耐性がつく」ということは、言い換えれば「薬が効かなくなる」ということです。
「耐性がつく薬」と「耐性がつかない薬」なら、利用者にとっては後者の方がありがたいですよね。

健全な製薬会社であれば、不都合な事実ほどしっかりとアナウンスします。

なぜなら、後で不都合な事実が露見すると消費者の信用を大きく損ねてしまうからです。

フィンペシアを製造しているシプラ社はインドでもトップクラスの製薬会社です。
信頼できないメーカーの薬など売れませんから、消費者からも当然信用されているはずです。
したがって、メーカーからそういった報告がない以上、その可能性は低いと考えて問題ないでしょう。

フィンペシアは耐性がつきやすい薬ではない

もうひとつの理由は「フィンペシアは耐性のつきやすい薬ではない」ということです。

「薬剤耐性」はすべての薬剤で起こりえますが、耐性がつきやすい薬と、つきにくい薬があります。

それでは、どんな薬剤が耐性がつきやすいのでしょうか?
有名な具体例としては、睡眠薬や麻酔薬などがあります。

これらは非常に耐性がつきやすい薬と言われています。
他の例を確認しても言えることですが、耐性がつきやすい薬にはある傾向がみられます。

主な特徴は下記の3点です。

・体に大きな影響を及ぼす。
・体に強い刺激を与える。
・体にとって毒性がある。

上記のような薬は、体が強い抵抗を示すため耐性がつきやすいようです。
そもそも「薬剤耐性」は体を守るための働きですから、このような薬が「耐性がつきやすい」というのも納得ですね。

フィンペシアは副作用もいくつかあり、全く危険のない薬とは言えません。

しかし、フィンペシアとほぼ同様の効果を持つ「プロペシア」は日本でも承認されています。

また、その作用の対象も、心臓などの重要器官ではなく、頭皮です。
そのため、体の抵抗もさほど強くなく、耐性がつきやすい薬には含まれないでしょう。

フィンペシアが効かないのは耐性がついたから?

ここまで説明してきたとおり、フィンペシアに耐性がついて効かなくなるというケースはほとんどありません。

しかしフィンペシアも薬である以上、その可能性が全くないわけではありません。

もしも実際にそうなった場合には、それに応じた対策をとる必要があります。

ただ、フィンペシアの効果が弱くなってきた場合、その原因として多くの候補があがってきます。

「効果が出ないのは耐性がついたからかな?」そんな時に判断する方法について確認してみましょう。

フィンペシアに耐性がつくとしたら、時期はいつ?

フィンペシアに耐性がついてくるとしたら、いつくらいの時期からでしょう?

こちらは個人差が大きく、「何年も問題なく使っている。」という方もいれば、「2年目くらいから、効かなくなってきた。」という方もいます。
そのため、「何年くらい」という具体的な時期の提示は困難です。

ただ、「昔はダメだったけど、よく飲んでいる内にお酒が強くなった。」「麻酔がすぐ効かなくなる。」こういった方は体質的に耐性がつきやすい可能性があります。

服用から2年以降で効き目が弱くなってきた場合、その可能性も疑ってチェックしましょう。

耐性によってフィンペシアが効かなくなった時の判別方法

耐性によってフィンペシアの効力が薄まった場合、その判別はなかなか難しいかもしれません。
基本的には消去法で判断するしかないためです。

フィンペシアが効かない場合の判別方法については下記リンク先で詳しく説明しているのでチェックしてみてください。

ただ、効果がなくなってきたタイミングなどで除外できる原因も多いので、ポイントを良く確認して慎重に判断しましょう。

耐性によってフィンペシアの効果が薄くなった時の対策

ここからは、耐性によってフィンペシアの効果が

薄くなった時の対策について解説します。

対策に従って適切に対応すれば、フィンペシアも再び効力を発揮するようになるでしょう。

また間違った対策についても紹介します。
不適切な対応をすると、効果がないばかりか、健康に害を及ぼしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

服用量を増やすのは絶対にNG

「もっとたくさん飲めば、効果が出るかも。」薬の効果が薄い時は、ついこんなふうに考えてしまいがちですね。

しかし、当然これはNGな対応です。
とりわけフィンペシアは副作用のリスクも大きいので、服用量を増やしたりすれば、副作用が発症する危険性がはねあがってしまいます。

フィンペシアと同種の薬への切り替え

フィンペシアに耐性がついた時、「他の薬に替えてみる」というのは効果的な手段です。

この時、耐性がつくまでフィンペシアが効いていたのなら、やはり同じタイプの薬を選びたくなると思います。

例えば、「フィンペシアがダメならプロペシアにしてみよう。」こんなふうに検討する方もいるかもしれません。

しかし、この場合に「プロペシア」は不適切です。

「プロペシア」や「フィンカー」などは、フィンペシアと同じ「フィナステリド」を主成分とする医薬品です。
薬効や副作用もほぼ同じなので、フィンペシアに耐性がついている場合、やはり効きにくいと考えられます。

「フィナステリド」を主成分とするAGA治療薬は「プロペシア」が元祖です。
「プロペシア」のジェネリック(後発医薬品)にあたる薬は、フィンペシアとほぼ同じなので、切り替え候補からは外すようにしましょう。

フィンペシアから切り替える場合は、「デュタス」というAGA治療薬がおすすめです。

「デュタス」の主成分は「デュタステリド」。
「フィナステリド」と近い効果を持っていますが、成分の種類が異なるのでスイッチが有効です。

デュタス

4.9
  • 内容量: 1シート30錠
  • 有効成分: デュタステリド
  • 製薬会社: ドクターレッディースラボラトリーズ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。

2箱7,560円6,842円
3箱11,340円9,817円

デュタスのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

他の治療方法を活用して再び効果を

耐性がついて効かなくなってしまった際には、他の治療法をうまく活用することが一番の対策です。

おすすめの対策としては、下記のものがあげられます。

□ミノキシジルと併用する。
最もおすすめしたい対策です。
別ページで詳しく解説していますが、「ミノキシジル」は薄毛治療薬として非常に高い効果を持っています。
しかも、フィンペシアとは別のアプローチで脱毛症治療に効力を発揮するため、「効かない原因」が耐性以外であっても有効なケースが多いのです。

ツゲイン2%

4.6
  • 内容量: 1箱60ml
  • 有効成分: ミノキシジル
  • 製薬会社: シプラ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。

2箱7,960円7,204円

ツゲイン2%のご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

□ケトコナゾール配合の育毛シャンプーを併用する。
ケトコナゾールは頭皮の雑菌の繁殖を防いでくれます。
その作用によって、炎症やかゆみ・フケなどを抑え、頭皮環境を整える効果があります。
別ページで詳しく紹介していますが、AGAは頭皮環境も悪化しやすいので、「ケトコナゾール配合の育毛シャンプー」の併用はとても有効です。

デノンシャンプー

4
  • 内容量: 1箱50ml
  • 有効成分: ケトコナゾール
  • 製薬会社: ジードラッグス
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。

2箱3,960円2,604円
3箱5,940円3,065円
5箱9,900円3,804円
7箱13,860円4,716円

デノンシャンプーのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

□フィンペシアの服用の頻度を減らす。
こちらは一番手がかからない対策です。
耐性は「反復して同じ薬を使用する」ことによって形成されます。
そのため、しばらくフィンペシアの使用頻度を下げる、あるいは中止すると再び効力を取り戻せます。
服用の間隔を3~4日に1回くらいの頻度にする、または一定期間(1~2ヶ月)ほど服用を中止してから再び使ってみましょう。

□フィンペシアからデュタスへ切り替える。
先に述べたとおり、フィンペシアから「デュタス」へ切り替える対策も有効です。
ただ「デュタス」は比較的に耐性がつきやすい薬と言われています。
もしも「デュタス」に耐性がついてしまったら、またフィンペシアに戻すのもいいですね。
その頃にはフィンペシアの効力も戻っているでしょう。

デュタス

4.9
  • 内容量: 1シート30錠
  • 有効成分: デュタステリド
  • 製薬会社: ドクターレッディースラボラトリーズ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。

2箱7,560円6,842円
3箱11,340円9,817円

デュタスのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

このように、他の治療薬や育毛シャンプーなどで効果を補強・補完すると、耐性がついた時でも薄毛治療がストップしなくて済みます。

他の治療方法を上手に活用しながら、フィンペシアの効力を取り戻し薄毛治療を続けていきましょう。

上記で紹介した「ミノキシジル」と「ケトコナゾール入りのシャンプー」、そしてフィンペシアがセットになった商品もあります。

そもそも「効果がない」という事態におちいらないように、あらかじめ、こちらで治療にあたるのもおすすめです。

フィンペシア/ツゲイン/デノンシャンプー

  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。

フィンペシア 3,980円 カートに入れる
ツゲイン 3,980円 カートに入れる
デノンシャンプー 1,980円 カートに入れる

フィンペシア/ツゲイン/デノンシャンプーのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。