フィンペシアは生え際やM字ハゲにも効く?効かない時はこれを試そう!

フィンペシアは生え際やM字ハゲには効きにくいとされています。
どうしてフィンペシアは生え際に効き目が弱いのでしょう?
このページでは、その理由とともに効果的な対策法について紹介します。
そちらを参考にして、ぜひM字ハゲの回復に挑戦してみてください。

おでこの生え際が薄くなってきた!その原因は?

フィンペシアはAGA由来の薄毛治療薬です。
その効果はとても高く、世界でも多くの支持を集めています。

そんなフィンペシアですが、「おでこの生え際が薄くなってきた!」こんな症状にも変わらず効くのでしょうか?

フィンペシア(フィナステリド)はM字ハゲや生え際には効きづらいという話もあります。

ここでは「フィンペシアはM字ハゲや生え際にも効果があるのか?」、そして「効果が弱い場合はなぜなのか?」といった情報について紹介します。

効果についてより深く理解するために、まずは、生え際が後退して前髪が薄くなっていく原因について知っておきましょう。

薄毛はおでこから来るパターンが多い

男性の薄毛はおでこから来るパターンが多いと言えます。
なぜなら、AGA(男性型脱毛症)の主な薄毛進行パターンが頭頂部と前頭部の2つだからです。

頭頂部の薄毛は鏡でも見づらいため、自分ではなかなか気づきにくいもので。

一方、おでこは鏡で確認できます。
「前髪の生え際がやばいかな…。」と最初に薄毛に気づくきっかけになるケースも多いでしょう。

また、おでこの生え際は前髪で隠しやすいため、ついつい放置しがちですよね。
しかし、AGAはそのまま放置すると、どんどん症状が進行していってしまいます。

そうなると、知らない内にますます生え際が後退して、ついには前髪がスカスカになってしまいます。

その段階になると、前髪で隠すことも難しいので、やはり早めに対策をした方が良いでしょう。

生え際が後退してM字ハゲになる3つの原因

生え際が後退してM字ハゲになる原因はいくつか考えられます。
主に考えられる原因は下記の3つです。

□AGAによる脱毛。
先に紹介したとおり、前髪の生え際が後退していく脱毛症はAGAでよくみられるパターンです。

□遺伝によって生え際が薄くなりやすい。
残念ながら遺伝によって薄くなりやすい人もいます。
親兄弟などの近親者にM字はげの人がいる方は、やはり可能性が高いと言えるでしょう。

□不健康な生活習慣による頭皮環境の悪化。
偏った食生活や睡眠・運動不足、または過度の飲酒や喫煙習慣などは薄毛の原因となります。
とりわけ、目を極端に酷使すると額周辺の血行が悪くなり、M字ハゲの原因になると言われています。

フィンペシアは生え際やM字ハゲにも効く?

フィンペシアはAGAに効果を発揮する医薬品ですから、AGA以外の薄毛には効きません。
それでは、AGAが原因のM字ハゲには効くのでしょうか?

フィナステリドは生え際に効きにくい

実はフィンペシアの有効成分である「フィナステリド」は生え際には効きにくいと言われています。
それはAGA由来のM字ハゲであっても同じです。

これは、フィンペシア同様に「フィナステリド」を主成分とする「プロペシア」や「フィンカー」などでも違いはありません。

AGA由来のM字ハゲでもフィンペシアの効果が弱いワケ

「フィンペシアはAGAに効果抜群の薬のはずなのに、どうして生え際のAGAには効かないの?」。
こんなふうに疑問を持つのも、当然の話でしょう。
これは「フィンペシアがAGAに効く仕組み」が深く関係しています。

AGAは「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンが原因となっています。
フィンペシアはこの「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成に関わる「5αリダクターゼ」という酵素を抑えることで効果を発揮します。
※詳しくは効果のページで解説しているので気になる方はチェックしてみてください。

しかし、M字ハゲの生え際などは「5αリダクターゼ」が他よりも多く密集しているため、フィンペシアの抑制効果が追いつかないのです。

また、生え際周辺は血管が細いため、髪の成長に必要な栄養分が届きにくいことも原因の一つとなっています。

くわえて、おでこの両サイドは側頭部に近いことから、眼精疲労の影響を受けやすく血行が悪くなりがちです。

以上のような理由により、M字ハゲはフィンペシアが効きづらいのです。
これは、そのM字ハゲがAGA由来の場合でも同じです。

生え際を復活させるための対策

上記で、フィンペシアが生え際やM字ハゲに効きづらいことを紹介しました。

それでは、生え際を復活させるためには、どんな対策をすれば良いのでしょ。

期待できる代表的な対応策としては、下記のものがあげられます。

□生活習慣の改善。
まず、偏った食生活の改善。
そして、十分な睡眠と適度な運動を心がけ、飲酒や喫煙はできるだけ控えるようにしましょう。
また、眼精疲労も頭皮の血行不良の原因となるので、目の使いすぎにも注意が必要です。
「仕事柄どうしても目をよく使う」という方は、目薬やサプリメント、あるいは目のマッサージなどで疲労を和らげるように努めましょう。

□頭皮環境の改善。
洗髪の仕方や頻度などによって、生え際の頭皮環境が悪化しているケースも考えられます。
その場合、使用しているシャンプーを見直すと良いかもしれません。
また、髪の毛の洗い方や頻度も問題ないか確認してみましょう。
整髪料などを使っている方は、それらが頭皮に悪影響を与えている場合もあります。
心当たりのある方は頭皮をチェックしてみましょう。
※頭皮のチェック方法については、「フィンペシアが効かない原因」ページの「簡単にできる頭皮チェックの方法もある」で紹介しているので確認してみてください。

□フィンペシアと他の治療薬(ミノキシジル)を併用。
フィンペシアと「ミノキシジル」の併用はM字ハゲの生え際対策として、おそらく最も効果的な方法です。
これは特に有効な対処法なので、次の章で詳しく解説していきます。

生え際やM字ハゲを回復するための一番の対策

上記では、生え際やM字ハゲを回復するための対策について紹介しました。
中でも一番の対策は「フィンペシアとミノキシジルの併用」でしょう。

もちろん、生活習慣・頭皮環境も薄毛治療にとって大変に重要な要素です。
しかし、それらだけでは対策としては不十分と言えます。

また、誰だって好きこのんで不健康な生活を送るはずはありませんから、生活習慣の改善はなかなか難しいでしょう。
頭皮環境についても然りです。

ミノキシジルとの併用がおすすめ

「ミノキシジル」なら、ただ頭皮を清潔にして塗るだけで済みます。
(ここではミノキシジルの外用薬を想定しています)。

「ミノキシジル」については薄毛治療薬として、とても有名なのでご存知の方も多いでしょう。

その評価は薄毛治療の分野でとても高く、日本皮膚学会の発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)」でも、「フィナステリド」と並んで推奨ランクAを獲得しているほどです。

「ミノキシジル」は頭皮にじかに塗布する外用薬タイプのほか、通称「ミノタブ」と呼ばれるタブレット型の内服薬タイプがあります。

「いちいち頭に塗るのは面倒くさい」という方も多いかもしれません。
しかし、このケースでは外用薬タイプがおすすめです。

どうしてかというと、気になる生え際部分に、ピンポイントで塗ることができるからです。

「ミノタブ」の方が全体的な効き目は強いと言われていますが、同時に副作用のリスクも高いという話です。

「どうしてもミノタブの方がいい!」という方以外は、塗布するタイプの「ミノキシジル」の併用を試してみましょう。

ミノキシジル併用によって回復が期待できる理由

詳しくは「ミノキシジル」のページで解説していますが、この成分はフィンペシア(フィナステリド)とは

別のアプローチによって薄毛治療に効きます。

その効果を簡潔に説明すると、「頭皮の血行を良くすることで、髪の毛に必要な栄養分を十分に届け、さらに毛母細胞の分裂を促す。」というものです。

つまり、フィンペシアとミノキシジルの効果を

それぞれ簡単に表現すると、下記のようになります。

フィンペシアの効果。
「髪の毛の成長を邪魔するものを取り除く」。

「ミノキシジル」の効果。
「髪の毛の成長を助ける」。

どうでしょう、全く逆ですよね。
こうした理由から、フィンペシアと「ミノキシジル」を併用すると、非常に高い治療効果が期待できます。
それは、生え際やM字ハゲの回復についても同じで、生え際対策としてもっともおすすめしたい方法と言えます。

フィンペシアも生え際に全く効かないわけではありません。
ただ、「5αリダクターゼ」が生え際に多いせいで効きにくいだけです。

そして「ミノキシジル」の血管拡張作用も、生え際は血管が細いためその効果は限定的になります。

だからこそ、フィンペシアと「ミノキシジル」の併用なのです。
この併用でお互いに足りない部分を補い合えば、フィンペシアだけでは効きづらいケースにも、効果を期待できるようになるでしょう。

M字ハゲの回復には根気が必要

フィンペシアはAGA治療に非常に有効な医薬品ですが、それでも薄毛治療には長い時間が必要とされます。
とりわけ、M字ハゲを回復させようと思ったら大変な根気が必要です。

それは、フィンペシアと「ミノキシジル」を併用して治療にあたった場合でも変わりません。
もちろん、フィンペシア単品の使用と比べれば、断然に高い効果が期待できます。
それでも、はっきりと効き目を実感できるまでには長期的な継続使用が求められるでしょう。

前髪の生え際というのは、それだけ薄毛治療が難しいのです。
「もうかなり生え際が後退して、立派なM字ハゲになってしまった」という人は覚悟を決めてじっくり治療に臨みましょう。

また、M字ハゲはAGA由来のケースが多く、AGAは放っておくとどんどん進行していきます。

本格的に進行してからでは治療が難しいので、がん治療などと同じで早期発見、早期治療が重要です。

特に近親者にM字ハゲの人がいる場合、遺伝的に生え際が薄くなっていく可能性は高いでしょう。
目を酷使するような仕事をされている方も要注意です。

そうした方は鏡で毎日生え際をチェックして、少しでも生え際が後退してきたら、すぐに薄毛治療をスタートしましょう。

「まだ大丈夫」と思ったら、「もう危ない」のです。
完全に手遅れになる前に、フィンペシアと「ミノキシジル」を使った薄毛ケアでM字ハゲの予防に努めましょう。

フィンペシア1mg(100錠)

4.7
  • 内容量: 1箱100錠
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: シプラ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。

2箱7,960円6,527円
3箱11,940円8,902円

フィンペシア1mg(100錠)のご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

ツゲイン2%

4.6
  • 内容量: 1箱60ml
  • 有効成分: ミノキシジル
  • 製薬会社: シプラ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。

2箱7,960円7,204円

ツゲイン2%のご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。